野菜ダイエットで持続的な体重コントールの実現

Posted on

ダイエットは、難しい・持続しない等の初めても諦める方も多いかもしれません。ダイエットは、持続しないなど観点で長続きしない問題もあります。なぜ、ダイエットが長続きしないかの本質的な問題点は、空腹感にほかなりません。どうしても、この空腹を克服できないが故に、目的体重のダイエットに結び付かないなどの失敗談に繋がることになります。

この空腹感を克服するには、どうすればよいか?持続的なダイエットを実現するには、どうすればよいか?

魔法のような答えは、残念ながら存在しないと思います。しかしながら、現実的な答えは、存在すると思います。そこで、私の経験をお話したいと思います。それは、野菜です。しかも葉物野菜が、お勧めす。その理由は、葉物の野菜は、野菜の間に空間を発生させるために、胃袋を膨らませる効果があります。さらに、野菜は体重を増加させる栄養素を含んでいない点もポイントになります。また、野菜の適度な摂取は、体質改善にも繋がります。そのために、総合的な観点で、ダイエットに寄与することが期待されます。

野菜ダイエットの際の注意点は、折角、体重の増加に寄与しない野菜を摂取しているにも関わらず、体重の増加に関係するドレッシング等の付加物量の増加です。このようにドレッシング等の過剰な摂取は、野菜ダイエットの効果を低減します。そのために、微量の塩などで味を楽しむ等の工夫が必要になります。私は、微量の塩をふりかけたり、野菜自身の甘みを楽しんだりと、野菜の特性に応じた楽しみ方をしています。
次に、野菜ダイエットの持続性の観点では、やはり、季節の野菜を取り入れることがポイントになります。春夏秋冬の季節の野菜を楽しむことで、マンネリ化を解消できると思います。

このようにして、持続的で楽しく、満腹感のある野菜ダイエットを通して、体重のコントロールが実現できます。この野菜ダイエットは、同時に、健康も手に入れられる可能性も期待できます。その意味で、二重においしいダイエット手法と考えています。