胸が小さくて・・・

Posted on

私の胸はAの70。
お世辞にも大きいとは言えません(´・ω・`)

私の母も祖母も胸が小さく、祖母なんぞは「まな板の上に梅干しが乗っかっているようだったわよ」などと自虐的な笑いをとるほど。
これはもう、遺伝なんでしょうね。

まあ、胸が小さいおかげで、厚着をする冬などはブラをするのを忘れて大学に行ってしまっても差し支えありませんでしたし、貧乳のメリットもあることはあるんです。

でも、困る場面も多々あり。
なかでも困ったのは、体に合うウエディングドレスがなかなか見つからないことでした(´Д`)

少しでもデコルテが開いているドレスだと、胸がパカパカ。
湯飲み茶わんかアンパンでも詰めようかと思ったほどです。

でも、もともと肌の露出の高いものは避けたかった私。
必死で、胸が開いていないドレスを探しました(`・ω・´)

ところがこれが、意外とないんですね。
私が結婚したのは8年前ですが、当時はわりと露出の高いドレスが流行っていたんです。
デコルテも腕もバーンと出すような、セクシーなウエディングドレスが、女の子の憧れだったんです。

ドレスを探したのは、私が加入していた保険会社のウエディング部門だったのですが、
見れば胸や肩が出ているものばかり。
デコルテ部分が隠れているものを見つけ出すのに一苦労しました。

何とか気に入ったものが見つかり、着てみると胸も腕もうまくカバーされて、デコルテパカパカの心配はなし。
彼やレンタルドレスのスタッフの方からは、「肌が出ないデザインなので上品で良いですよ」と好評でした( ;∀;)

ところが、苦難はまだまだ続きました。
新婚旅行で、海につながったプールで遊んだのですが、その水着選びにも難儀(´Д`)
痩せているので、入らない水着というのは特にないのですが、やっぱり胸がパカパカになっちゃんですね。
水着を着た後、自分で胸の部分を少しでも押すと、カップがベコーンと引っ込む引っ込む。
思わず自分で自分を笑ってしまいました( *´艸`)

胸が小さいと、入らない服というのはあまりないですし、身軽に動くことができます。
日頃はそんなメリットを享受しているので、貧乳に感謝している部分もあるんです。

でも、「ここぞ」という時の服装でつまずくことも多いですね(:_;)
少しは胸が大きくなりたいなぁと思ってネットで探していると、私と同じAカップからCカップまで自力でバストアップした人をみつけました。そしてその方法も詳しく書いてあったんですよね。

このサイトなんですけど、色々参考になります。「まな板 胸

少しでいいからバストアップしたいので頑張りたいと思います。

 

人にはダイエットの得手不得手があるようです

Posted on

ウオーキングだけではなく、ジョギングも始めて2か月くらいになりますが、大した効果が表れないんです。

ウオーキングはしていましたが、最近になって、それだけなは運動不足なのかもと思い始めました。さらに、ある日のことロビーで会社の同僚の女の子たちが「やっぱり体鍛えている人はやばいよねえ。

それに比べて〇〇さんなんて豚みたいでチョーやばい」などという話を耳にしてしまったのです。「〇〇さん」とは私のことですが、話の流れからこの場合、前者の「やばい」とは誉め言葉で「豚みたい」と後者の私に対しては腐しているのだくらいはわかります(`・ω・´)。

私は気がつかないふりをして、その場を通り過ぎ、仕事を終えましたが内心では悔しくってしかたない。ですからぎゃふんと言わせてやろうとダイエットを始めることにしたのです。しかし、高校時代から帰宅部だった私には運動などというものは縁がないものであり、できるだけ避けようと生きてきました。しかし、機から見ても気になるのであれば改善するために取り組んでいかなければなりません。

とにかく走る。それだけを目標にして、頑張ることにしました。

だからといって長距離をだらだらと走っていても仕方ないので、隣町の本屋まで目標を決めて走ることにしました。たしか距離にして14キロ。とりあえず走って本屋に到着したら少し立ち読みして、家に帰るという日々を過ごそうとしていました。

しかし、帰ってくるとへとへと。家に帰るなり部屋で横になってしまい、風呂には入るのがせいぜいでそれから1週間近くなにもできないでいました。

そうしてまた回復したなという頃にまた走ってみて疲労困憊して1週間近く寝込む。そんなことを2か月くりかえしておりますが、目立った変化が感じられません。体重も減ってはおりませんし、体力がついた感じもしない。私個人としては定期的に厳しいトレーニングをやっているつもりでしたから、どうしてなのかさっぱりわからない部分もあります(。´・ω・)?

人間には得手不得手などというものがありますが、トレーニングが合わない人間もいて私がそのうちの一人なのかもしれませんね。

「豚みたい」といわれたことは悔しいですが、不得手な部分で魅せようとするより、仕事で魅せてゆけば「豚みたい」という評価も、今後はより良い評価に変わっていくのだと思います(*^_^*)。